外貨預金との違い

外貨MMFと外貨預金。どちらの金融商品を選ぶべきか、迷うところです。
外貨預金とは、元金や利息が共に外貨建ての預金のことで、基本的な仕組みは円預金と同じです。

いっぽう外貨建てMMFは、外国で設定され、日本に持ち込まれて販売される外国投資信託の一種です。
では外貨建てMMFと外貨建て預金と、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

具体的な違いを見てみましょう

・手数料が安い
金融機関によって異なりますが、一般的に外貨MMFの為替スプレッド(手数料)は、米ドル建てだと0. 5円から1円程度で、 外貨預金の2円と比べても半額ほど安く設定されています。外貨MMFのほうが格段にコストカットが可能です。

・いつでも解約可能
外貨定期預金は、最初から決めていた満期日まで解約することはできません。普通預金はいつでも換金可能ですが、金利は低くなってしまいます。
その点、外貨建てMMFはいつでも解約可能です。
したがって自分のタイミングで換金できるので、為替差益を狙いやすいというメリットがあります。

・ちょっぴり高い利回り
同じ米ドル建てあっても、外貨MMFの方が少しだけ利回りが高くなっています。高格付けの短期金融商品に投資し、元本の安全性を確保しつつ収益の獲得が期待できます。

・為替差益を含んだ譲渡益には20%の申告分離課税扱いになりました
2015年12月31日まで外貨預金の場合、為替レートの変動によって生じた為替差益は、雑所得として課税の対象となっていました。ところが2016年1月1日以降、為替差益を含む譲渡益は20%の申告分離課税扱いとなったのです。
これは国・ひいては財務省による「金融所得課税の一体化」の一環で、公社債及び公社債投資信託から生じた利益について、上場株式や公募株式投資信託と同様の課税方式にしようという動きでこのような制度に決まったのです。

また、外貨預金、外貨MMFの両者を比較して外貨預金に利がある違いを強いて挙げるとすれば、以下のようなものがあります。

・外貨預金では、外貨での引き出しができる金融機関があり、トラベラーズチェックの作成も可能。
・時期により金利優遇キャンペーン等の実施がある。
・外貨での元本保証がある。

最後の項目に関しては、「ん?」 と思われるかもしれません。外貨預金のほうが有利なのではないか、と。
しかし、これまでの外貨建てMMFの運用実績は非常に優秀です。保証の有無に関わらず、そもそも元本割れのリスクがほとんどないので、あまり意味のない違いといえるでしょう。

こう見てみると、外貨預金よりも外貨MMFのほうが断然お得ということになります。